アンチエイジングを極める。北九州&東京恵比寿
プラセンタ療法&癌免疫療法の仕事に奮闘しつつ、プライベートではロックドラムに没頭。さらに過去ボクシングプロライセンスを獲得、現在リングドクターとしてプロのリングに熱い視線を注いでいます。
最新記事



プロフィール

樋脇一久

Author:樋脇一久
山口大学医学部卒
山口大学第2外科学教室において肝再生の論文で博士号取得
プラセンタによる再生療法の専門家
ANK癌免疫療法で最先端の癌治療を実践中。多くの癌症例を手がける。
プラセンタエキス注射だけでなくプラセンタインプランテーションで多くの難病患者の治療に当たっている。
また、ボクシングはプロライセンサーでもあり、リングドクターとして日本ボクシングコミッションに所属。
ロックドラムも得意。島村楽器店で腕を磨く。



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癌免疫療法
昨日、8/8

目黒にて、自然療法研究会におきまして、ANK癌免疫療法について講演させて頂きました。

自然療法研究会の医師の方々ありがとうございました。サポート各社の方々にも感謝致します。

抗がん剤では、アミロイドーシスがすすみ、癌死ではなく衰弱死するという事実を

解っていただけたと思います。抗がん剤は、休薬しても、体をむしばんで行くのです。

癌細胞よりも正常細胞に多く作用する事実を医師も知らない方が多いのです。

知っていてもやむなしと考えているのです。

現在は、分子標的薬とANK癌免疫療法の併用が、ほんとうにベストな選択なのです。


脳脊髄液減少症の治療・・・テレビ西日本
脳脊髄液減少症の治療として長年、プラセンタインプランテーションを行って来ました。

テレビ西日本さまに、

スーパーニュースで取り上げて頂きました。


まだ、放送日程は決まってませんが、収録は終わりました。

がん免疫療法セミナー終了です。
昨日、福岡の西鉄イン福岡にて、ANK癌免疫療法セミナーが行われました。

予定客席を上回る方々ならびにマスコミ各社の方々にお越しいただき誠に

ありがとうございました。

分子標的薬と、ANK免疫療法がいかに、効果が高いか、

樹状細胞や、Tリンパ球系のCTLやLAKが、なぜ癌療法に効果がないのか、

癌があると体内の免疫系が抑制され、どんな物質でも免疫をあげることができないのかが、

お分かり頂けたと思います。

どんどん、進化していく癌治療にぜひ、注目してください。



福岡経済に特集!ANK癌免疫療法
「福岡経済」

2010年6月号に

ANK癌免疫療法の特集が掲載されました。

私も対談に参加させて頂いています。

この号から計3回連続特集です




免疫細胞療法セミナー開催  福岡
平成22年6月20日 

西鉄イン福岡 2F Aホール

午前10時

免疫細胞療法セミナーが開催されます。

私も講演致します。

お問い合わせはリンパ球バンクまで 


 03-3556-7400




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。