アンチエイジングを極める。北九州&東京恵比寿
プラセンタ療法&癌免疫療法の仕事に奮闘しつつ、プライベートではロックドラムに没頭。さらに過去ボクシングプロライセンスを獲得、現在リングドクターとしてプロのリングに熱い視線を注いでいます。
最新記事



プロフィール

樋脇一久

Author:樋脇一久
山口大学医学部卒
山口大学第2外科学教室において肝再生の論文で博士号取得
プラセンタによる再生療法の専門家
ANK癌免疫療法で最先端の癌治療を実践中。多くの癌症例を手がける。
プラセンタエキス注射だけでなくプラセンタインプランテーションで多くの難病患者の治療に当たっている。
また、ボクシングはプロライセンサーでもあり、リングドクターとして日本ボクシングコミッションに所属。
ロックドラムも得意。島村楽器店で腕を磨く。



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癌免疫療法の講演をします。
11/7 14:00より 福岡市のももちパレスにて

ANK癌免疫療法の講演会を行います。


抗癌剤神話も、そろそろ終焉を迎える時代が来ています。

癌死亡者がどんどん増加している事実。

マニュアル通りに抗がん剤投与され、

免疫力の低下とともに、癌が増大していくことに、気づいて下さい。

癌は、体内で免疫細胞を抑制します。

ですから、免疫賦活剤のような漢方や薬で免疫力を上げるのは不可能なのです。

免疫細胞の、主役であるNK細胞を体外で培養して戻すからこそ、効果があるのです。

詳しくは、講演会でたっぷり、お話するつもりです。

出席のお申込みは、リンパ球バンク株式会社までお願いします。


スポンサーサイト

財界九州
10/7に財界九州と言う雑誌の対談に呼ばれました。

11/20発売です。

対談内容は癌治療についてです。

ANK癌免疫療法で実績を上げているので、呼ばれたようです。


記事にできない話もたくさんしたので、編集に困るでしょうね。ごめんなさいね。

抗がん剤神話は戦後ずっと、医学会で誰も疑うことなく続いています。

抗がん剤による衰弱死、免疫不全。問題視されないのが現実です。

抗がん剤で免疫をたたけば、癌も弱りますが、先に全身が弱り、

癌が息を吹き返します。癌幹細胞は全く抗がん剤が効きません。

抗がん剤治療でよく延命効果とか言いますが、苦しんで死を待つ時間が長くなるだけです。

NK細胞の治療のみが、生還への道です。

NK細胞は体の中に百億います。癌細胞の出す物質で眠らされています。

NK細胞のみが癌細胞と戦えます。

NK細胞を体の外で培養して1000倍にして送り込む。

すると癌細胞は死滅します。副作用もありません。京都大学でずっと行われていた治療です。

リンパ球の培養や、癌ワクチン、免疫賦活物質など、すべて癌治療には不十分です。

僕の実の父は、進行重複癌でしたが、4年半生きています。

全く抗がん剤は使用していません。

NK細胞の治療だけです。

抗癌剤と違って、治療が進むにつれて元気になります。

抗がん剤を使わない治療を選択する時代は、もう来ています。

くわしくは、ひわき医院HPを。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。