アンチエイジングを極める。北九州&東京恵比寿
プラセンタ療法&癌免疫療法の仕事に奮闘しつつ、プライベートではロックドラムに没頭。さらに過去ボクシングプロライセンスを獲得、現在リングドクターとしてプロのリングに熱い視線を注いでいます。
最新記事



プロフィール

樋脇一久

Author:樋脇一久
山口大学医学部卒
山口大学第2外科学教室において肝再生の論文で博士号取得
プラセンタによる再生療法の専門家
ANK癌免疫療法で最先端の癌治療を実践中。多くの癌症例を手がける。
プラセンタエキス注射だけでなくプラセンタインプランテーションで多くの難病患者の治療に当たっている。
また、ボクシングはプロライセンサーでもあり、リングドクターとして日本ボクシングコミッションに所属。
ロックドラムも得意。島村楽器店で腕を磨く。



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


樹状細胞、がんワクチン療法が、まったく効果がないのは・・・。
現在、癌細胞と正常細胞の違いを、一生懸命研究されてはいるのですが、これと言って決め手はありません。

それは、すごく複雑な表面構造であり、癌細胞のみの認識がまず、不可能だということです。

癌細胞表面の膜の表面には、正常細胞よりたくさんの標識が立っているかもしれません。

しかしよく考えてみてください。

癌細胞が、体内に五千億個あったとしましょう。正常体細胞は六十兆個です。

細胞表面の標識を認識させたT-リンパ球をいれたところで、体内に散らばって、食いついていくのは、ほとんどが正常細胞の表面の標識です。

それでは、T-リンパ球を攻撃媒体とする、LAK療法や、樹状細胞療法が正常細胞を攻撃するのに、
なぜ副作用がないかと言うと攻撃力が弱いため、何も異常を感じないのです。

そして癌細胞には、何ら影響を与えないのです。

NK細胞は、なぜか標識を認識しているのではなく、癌細胞そのものをもしくは癌細胞に変異しつつある細胞までも認識して癌細胞だけを攻撃するのです。

このメカニズムは未だに解っていません。自然免疫機構は、複雑な癌細胞認識メカニズムを持っているのです。だからNK細胞は偉大な細胞なのです。

そのNK細胞を大量に培養して投入すれば、いいのですが、癌患者さんの体内では癌細胞の免疫抑制力も強いので、NK細胞も5日後には弱くなります。したがって、また再投入が必要なのです。

こうやってANK免疫療法は、強力に癌細胞を撲滅していくのです。

抗がん剤で腫瘍縮小したり、一瞬寛解期に入ったところで、また再発してきます。

癌幹細胞を抗がん剤や、放射線では殺せないからです。

結局、抗がん剤や、放射線は免疫力や、正常細胞まで傷めつけ、正常細胞まで癌化して命を落としてしまいます。

癌治療は、早くチェンジしなければ、いつまでたっても、癌死が増えるばかりです。

スポンサーサイト

がん免疫療法
Dr.
現在、当医院で癌免疫療法を行っています。驚くべき癌の消失効果に驚嘆しています。

NK細胞の培養は、全国多くの施設で行われていますが、臨床効果に乏しいものばかりです。

京都大学の勅使河原先生(上のお写真)のNK細胞培養は、

細胞数も活性も桁外れの培養法なのです。ANKがん免疫療法

他大学の追随を許さぬ研究です。

癌免疫療法においては僕が思うに、勅使河原先生は世界No.1の方です。

僕のような一般ドクターとは違う驚異的な頭脳なんでしょう。

京都大学は、昔から世界のあらゆる分野で、すごい人材を輩出する大学です。

もちろん僕は、凡人ですので京都大学医学部には入れませんでしたが。

(僕が医学生だった当時山口大学医学部の教授は、ほとんどが京都大学から来た先生でした。

天下り???笑)

勅使河原先生のお手伝いを始めて、多くの癌患者さんが、

ひわき医院に来院されるようになりました。

大学病院や、大病院で治療効果なく断念された方の癌が消失していくのを見ると改めて

勅使河原先生のNK細胞培養技術はすごいと実感します。

現在は、リンパ球バンク株式会社の会長職で、我々、臨床家にアドバイスを頂いております。

日々、刺激を受けながら勉強できる環境に感謝しつつ、今日も町医者をやっています。



ルミネtheよしもと
20090412194159
今日は、恵比寿で診療のあと、ルミネtheよしもとに行ってきました。次長課長、ペナルティ、ナベアツなど笑えました。しかし、何と言っても、その後の吉本新喜劇!藤井隆、島木ジョージ,石田靖、辻本茂雄など、出演者のアドリブが利いた絶妙の台詞に、またまた大爆笑。久しぶりに笑いころげました。あらためて新喜劇の方々の底力には脱帽です。どこまでが脚本でどこからアドリブなのか。それにしても、いろいろおもしろいキャラの方々、すごいです。また、行きたいです。笑うと元気が出ます。

ANECAN
CANCAMのおねえさん雑誌がANECANらしいです。

おじさんには、縁のない雑誌ですが-。えびちゃんと押切もえぐらいは知ってますよ。

なんと、今月号に当医院でどんどん行っている毛髪ミネラル検査が、

取り上げられています。

環境問題、農業問題で食の安全性が脅かされています。

自分の体は自分で守る。

まずは、体内の重金属汚染をチェックしましょう。

若い人の雑誌で取り上げるのは、いいことです。

若い人を検査するとヒ素が多くて、皮膚病になっている人がとても多いんです。



再生因子とは
人間の老化は、一番重要なのは、細胞の数の減少です。

細胞の数が減るので、臓器や、筋肉や、神経組織などすべてが衰えるのです。

再生因子の減少で、細胞分裂が減少するのです。

赤ちゃんと一緒に出てくる胎盤の中にこの人間の再生因子が大量に含まれています。

これを、無下に捨ててしまうのは実にもったいないのです。

人間の天然の再生因子は胎盤以外に採取出来ないのです。

胎盤を加熱滅菌して皮下注射する手技を当医院では

プラセンタインプランテーションと呼んでいます。

膝が痛い!
20090402145732
ダイエットのためにランニング開始したら、翌日左膝が腫れてきました~。
いきなり、長距離を走ったのが祟りました~。

慌ててプラセンタインプランテーションと当医院にあるヒアルロン酸&コラーゲンゼリー服用しました。

なんと翌日は、完治。

プラセンタはやっぱり効きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。